GoogleAsのディスプレイキャンペーンの自動入札を活用することで、運用工数の削減だけでなく、手動入札より成果の改善が見込めます。

その理由や、自動入札の機能やロジックも要点をまとめて解説していきます。

 

 

 

Google広告 のディスプレイ ネットワーク キャンペーンで自動入札 機能を活用する

 

 

 

Google AdWords キャンペーンで利用できる自動入札機能は、

パソコン、タブレット、モバイ ルといったさまざまなデバイスを対象とした複数の入札単価を簡単に管理できる機能です。

時間と労力を節約しながらコンバージョン数を伸ばすことができます。

 

 

 

 

自動入札機能の仕組み

 

 

 

 

AdWords の​自動入札アルゴリズム​は、各広告オークションの状況に関するシグナルを分析し、 広告のクリックがコンバージョンにつながる確率に応じて入札単価を設定します。この機能を 適切に設定すれば、手動で入札単価を設定して適化を図る場合よりもコンバージョン数を伸 ばせるほか、キャンペーン管理に要する時間を大幅に減らすことができます。

 

 

 

 

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンにおける入札戦略 

 

 

 

 

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンでは、自動入札機能を利用する 3 種類の​入札戦略​の いずれかを設定することができます。

 

 

 

 

● 拡張 CPC​ :

クリック単価を設定すると、広告のクリックがコンバージョンにつながる見 込みに応じてその額の -100%~+30% の範囲で入札単価が自動調整されます。この入札 戦略はキャンペーン単位で設定できます。また、入札戦略ツールのリストから選択する こともできます。

 

 

● コンバージョン オプティマイザー / 目標コンバージョン単価​ :

目標コンバージョン単価 の範囲内で​コンバージョン数​を大化できるよう、入札単価が自動調整されます。この 入札戦略は、[コンバージョンを重視(コンバージョン オプティマイザー)] を選択して キャンペーン単位で設定するか、入札戦略のリストから [目標コンバージョン単価] を選 択することで設定できます。

 

 

 

● 目標広告費用対効果(ROAS)

​ ​ 広告費用対効果の平均値の目標達成を目指しながら、 コンバージョンの確率と価値が予測され、​コンバージョンの価値​を大化できるように 入札単価が自動的に設定されます。コンバージョン トラッキングで​トランザクションご とに(動的な)コンバージョン値​を設定している場合には、この入札戦略を​入札戦略 ツールのリストから選択することができます。

 

 

 

 

 

自動入札機能の具体的な入札方法

 

 

 

自動入札機能では、各広告オークションを分析する際に個々のシグナルだけでなく、それらの シグナルの相関性も考慮して入札単価を算出します。

以下に分析されるシグナルの例を示します。

 

 

 

 

● ユーザーの行動

 

・前回のサイト訪問からの経過時間 

・サイト上で閲覧したページ数 

・サイト上で閲覧した商品の金額 

・過去にアクセスしたサイト

 

 

 

 

● ユーザー属性

 

・年齢と性別

・ 所在地

・デバイスの種類 

・興味関心

 

 

 

 

● 閲覧されるページのコンテンツとセッションのコンテキスト

 

・ウェブサイトのコンテンツ、構成、キーワード

・時間帯と曜日

 

 

 

 

 

● 広告の特性

 

・広告のフォーマット 

・広告の掲載結果 

 

 

 

 

 

コンバージョン オプティマイザー、目標コンバージョン単価、広告費用対効果、拡張 CPC では、

同じ入札アルゴリズムが使用されます。

このアルゴリズムと上記のシグナルを組み合わ せ、広告主にとってのオークションの価値を予測します。

この価値に基づき、オークションごとに適切なクリック単価が算出されるという仕組みです。

 

 

 

 

おすすめの記事