仕事ができる人の特徴については、色々な記事なブログで取り上げられていると思います。

それらは、すべて正しいと思いますが、私自身要素が多すぎて、何から気を付ければいいか分からなかったです。

なので今回は、会社員として、フリーランスとして仕事をする中で、周りからできるといわれる人、出世する人、独立が成功する人のたった一つの特徴を紹介します。

仕事ができる人は「気づかい」ができる人

仕事ができる人特徴は、色々な要素があると思いますが、私は「気づかい」が一番重要なことだと思っています。

気づかいのできる人は、「想像力」がある

仕事ができる人は、上司やクライアントからの依頼を言われたこと通りではなく、+αのアウトプットを行います。

それが、なぜできるのかというと、上司やクライアントの依頼の意図を想像する力があるからです。

クライアントからの依頼であれば、

「今、市場はこういう状況で、それに伴いクライアントにはこういう課題が発生して、課題解決のためにこのプロジェクトが発足して、プロジェクト成功のため、弊社にはこういう役割を求められているんだろうなぁ」

など、相手の求めていることを、俯瞰的な視点で想像できるからこそ、相手が言語化できていない真のニーズに対しても答えることができるからこそクライアントの評価は高くなり、継続的に依頼をもらえるようになり、会社の売上に貢献ができます。

自分の担当クライアントの売上が上がれば、社内の評価が上がり出世もしやすくなります。

気づかいは、相手を知るチカラ

「 彼を知り己を知れば百戦殆からず 」

孫氏の有名な言葉ですが、戦う敵と味方の情勢を正しく把握できれば戦には負けないというものです。

ビジネスの世界でも、敵を知る(市場・競合・クライアント・エンドユーザー・上司・部下)ことは非常に重要であると思っております。

これができる人は、営業だろうが、マーケティングだろうが、事務だろうが職種は関係なく仕事ができる人と言われている可能性が高いです。

気づかいができる≒読解力がある

気づかいができる人は、相手の意図を汲み取る能力が高い人です。

文章を読んでも、相手の話を聞いても、受け取ることができる情報量が、普通の人よりも多い傾向にあります。

すなわち、普通の人と同じ時間を使っても、インプット量が多くなるので成長速度が速くなり、能力・スキルの習得に周囲と差がついてきます。

気づかいができる人は、基本的に嫌われない

気づかいができる人は、相手の気持ちを先回りして考えられるため、相手を不快にさせる言動はしない傾向にあります。

また、飲み会などでも、周囲の状況や、出席しているメンバーから自分の役割を判断し、下座の役割に徹したり、雰囲気に適した話題を選んだりができるので、一緒に飲んでいて楽しい・頼りになると思われることが多いです。

気づかいできる人の資料は見やすい

気づかい出来る人は、資料やメールの文言など、細かい所にも相手に見やすいようにと気を使っています。

気づかいが出来ない人は、自分の納期のことしか頭に無いなど相手への配慮が足りないケースが見受けられます。

コンペなどの重要資料だけでなく、普段の重要度の高くない資料など、第三者が見る提出物はすべて見やすくする工夫が必要です。

気づかいポイントは、出来ないと減点が大きい

気づかいに関しては、相手によっては気づかないこともあるのですが、

逆に、気づかい出来てない人は非常に目立ちます。

そして、気づかいできていない人は、減点評価を受けたことに気づかないので、なかなか自分で修正することができません。

普段から気づかいを意識することは、自分の減点評価に気づくための予防線を張ることにもなるのです。

まとめ

気づかいができる人は、上記のことを無理やり意識しなくても、オート状態で気づかいを発動できることが最大の強みだと思っております。

それは、普段の日常生活の些細な気づかいの積み重ねの賜物です。

仕事で活躍するには、スキルの取得など、華やかでインパクトがありそうなことも大切ですが、今一度、目の前の小さな気づかいにも意識を向けられるといいのではないかと思います。

おすすめの記事